真実への翼

生きる理由。この世の真実。神仏は実在するという真実を1人でも多く知っていただき、この地獄のような世界から天国への切符を手にしていただきたいと思います。自身の経験と霊的書物で知った真実を分かりやすく説明したいと思っています。宜しくお願いいたします。  E-mail→ hagane.tokuchi@gmail.com

高級霊 / シルバー・バーチ【古代霊は語る】より PART Ⅰ 我々が生きる目的編

シルバー・バーチ「 古代霊は語る 」より
≫ この世に生まれ・生きる理由とは...

f:id:HaganeTokuchi:20170827072704j:plain

近藤千緒氏の著書「古代霊は語る」というこの本は、“ ダイヤモンドの輝きをもつ ”といわれている霊訓中の霊訓「シルバー・バーチの霊訓」全11巻の書籍を1冊に凝縮した快挙の作品であります。

今回はこの「古代霊は語る」という本の中から、もっとも重要と思われる箇所、お伝えしなければいけない真実を抜粋していきたいと思います。

全巻を1冊にした内容は、かなり深いものになっており重要と思われるところ満載です。この世に生きる理由、苦しみや病気の真実、人間は死後も生き続けるという真実などが詳しく書かれております。

「シルバー・バーチの霊訓」全巻を読むのは大変なことなので、まずはこの1冊を読むことをお勧めいたします。この1冊を読めば霊訓というものを大体はご理解できるかと思います。

霊訓とは、スピリチュアル・メッセージ、高級な霊からのメッセージという意味であります。

 

シルバー・バーチ

f:id:HaganeTokuchi:20200122095939j:plain

3,000年前の地球に生存していた古代の霊が、英国人モーリス・バーバネル氏の身体を使い、霊的真理、この世の真実、霊界からのメッセージなどを1920年から約60年間にわたり英国で語り続けたという出来事がありました。この古代の霊こそが、高級霊シルバー・バーチなのであります。

このシルバー・バーチ。実際には3,000年よりも遥か昔に生存していた古代の霊とのことです。この地上とは波動が違い過ぎるため、中間に3,000年前に生存した、この画像の北米インディアンの霊媒を使い、モーリス・バーバネル氏の口から霊訓を語らせたのでありました。

シルバー・バーチの霊的真理やスピリチュアル・メッセージは「ダイヤモンドの輝き」と呼ばれており、今もなお世界中の人々に感動を与え続けているという。



似たような書籍では、聖ヨハネのホワイト・イーグルという霊が真実を教え尊くというものや、高級霊インペレーターがステイトン・モーゼス氏の身体を使い、真実を語る「霊訓」「続・霊訓」というものもあります。個人的にはホワイト・イーグルの「霊性進化の道」がお勧めだと思います。

正直、シルバー・バーチのことをかなり簡単に説明させていただきましたが、シルバー・バーチについては詳しく説明されているブログやサイトが数多くございます。詳しく知りたい場合はそちらでお願いいたします。

それでは、このシルバー・バーチ「古代霊は語る」という本、全て重要と思われますが私自身が特に伝えたいと思う箇所を抜粋していきますので是非とも読んでいただきたく思います。

この内容、信じられないと思うかもしれませんが、信じていただきたい真実です。霊界・あの世という別世界は本当に実在いたします。

  

シルバー・バーチ  スピリチュアル・メッセージ
≫ この世に生まれる理由、この世で生きる目的

この世への再生は自発的ですか、それとも果たすべき目的があって已む得ず再生するのでしょうか?

 

f:id:HaganeTokuchi:20191216140255p:plainその両方です。

 

この世への再生は強制的というわけですね。

 

f:id:HaganeTokuchi:20191216140255p:plain

誰かから再生しろと命令されるのであれば強制的と言ってもいいでしょうが、別にそういう命令が下るわけではありません。

ただ、地上で学ばねばならない教訓、果たすべき仕事、償うべき前世の過ち、施すべきありながら施さなかった親切、こうしたものを明確に意識するようになり、今こそそれを実行するのが自分にとって最良の道だと自覚するようになるのです。  

f:id:HaganeTokuchi:20180508083634p:plain

 
霊魂は一体どこから来るのですか?魂の貯蔵庫のようなものがあるのですか?子供を作る場合、魂はどこから来るのですか?

 

f:id:HaganeTokuchi:20191216140255p:plain

あなたの問いには誤解があるようです。あなた方が霊魂をこしらえるのではありません。人間のすることは、霊魂が自己を表現するための身体を提供することだけです。表現器官を提供するのが人間の役目なのです。

霊は永遠の存在ですから、あなたも個体に宿る以前からずっと存在していたわけです。

霊界にはすでに地上生活を体験した人間が大勢います。その中にはもう一度、地上に来て果たさなければならない責任、やり直さなければならない用事、達成しなければならない仕事といったものを抱えている者が大勢います。そして、その目的のための機会を与えてくれる最適の身体を探し求めているのです。 

f:id:HaganeTokuchi:20180508083713p:plain

 
もう一度やり直すチャンスは全ての人間に与えられるのでしょうか?

 

f:id:HaganeTokuchi:20191216140255p:plain

もちろんですとも。やり直しのチャンスが与えられないとしたら、宇宙が愛と公正とによって支配されていないことになります。

墓に埋められて万事が終わるとしたら、この世は正に不公平だらけで、生きてきた不満の多い人生の埋め合わせもやり直しも出来ないことになります。

私どもが地上の人々にもたらすことのできる最高の霊的知識は、人生は死でもって終了するのではないということです。従って苦しい人生を送った人も、失敗の人生を送った人も、屈辱の人生を送った人も、皆もう一度やり直すことができるということ。言い換えれば、悔し涙を拭うチャンスが必ず与えられるということです。

人生は死後もなお続くのです。永遠に続くのです。その永遠の旅路の中で人は内蔵している能力、地上で発揮し得なかった才能を発揮されるチャンスを与えられ、同時に又、愚かにも神の法則を無視し、人の迷惑も考えず横柄に生きた人間は、その悪業の償いをするためのチャンスが与えられます。

神の公正は完全です。騙すことも、ごまかすことも出来ません。すべては神の眼下にあるのです。神は全てをお見通しです。そうと知れば、真面目に正直に生きている人間が何を恐れることがありましょう。恐れを必要とするのは利己主義だけです。 

f:id:HaganeTokuchi:20180508083755p:plain

 
死後、霊界に行ってから地上生活の償いをさせられますが、さらに地上に再生してからまた同じ罪の償いをさせられるというのは本当ですか?神は同じ罪に対して二度も罰を与えるのですか?

 

f:id:HaganeTokuchi:20191216140255p:plain

償うとか罰するとかの問題でなくて、要は進化の問題です。つまり学ぶべき教訓が残されているというこであり、魂の教育と向上という一連の鎖に欠けている部分を補うということです。

生まれ変わるということは必ずしも罪の償いのためとは限りません。欠けているギャップを埋める目的で再生する場合がよくあります。

もちろん償いをする場合もあり、前世で学ぶべきでありながらそれを果たせなかったことをもう一度学びに行くという場合もあります。罪の償いとばかり考えてはいけません。ましてや二度も罰せられるということは決してありません。  

f:id:HaganeTokuchi:20180508083821p:plain

 
地上の人間にとって完璧な生活を送ることは可能でしょうか?すべての人間を愛することが出来るのでしょうか?

 

f:id:HaganeTokuchi:20191216140255p:plain

それは不可能なことです。が、そう努力しなくてはいけません。努力することそのことが、性格の形成に役立つのです。

怒ることもなく、辛く当たることもなく、腹も立てることもないようであれば、もはや人間でないことになります。

人間は霊的に成長することを目的として、この世に生まれてくるのです。成長また成長と、いつまでたっても成長の連続です。それは、こちらへ来てからも同じです。  

f:id:HaganeTokuchi:20180508083903p:plain

 
そちらへ行くとどんな風に感じるのでしょう。やはり後悔の念というものを強く感じるのでしょうか?

 

f:id:HaganeTokuchi:20191216140255p:plain

1番残念に思うことは、やるべきことをやらずに終わったことです。あなたもこちらへお出になれば分かります。きちんと成し遂げたこと、やるべきだったのにやらなかったこと、そうしたことが逐一わかります。

逃してしまった好機がいくつもあったことを知って後悔するわけです。  

f:id:HaganeTokuchi:20180508083921p:plain

 
善人が死後の世界の事を信じなかった場合、死後そのことで何か処罰などを受けるのでしょうか?

 

f:id:HaganeTokuchi:20191216140255p:plain

善人とか悪人とかの意味がわかりませんが、要はその人が生きてきた人生の中身 、つまりどれだけ人のために尽くしたか、内部の神性をどれだけ発揮したかにかかってます。大切なのはそれだけです。

知識は無いよりは有ったほうがましです。が、その人の真の価値は毎日をどう生きてきたかに尽きます。 

f:id:HaganeTokuchi:20180508084025p:plain

 
唯物主義者や無神論者は死後の世界でどうなるのでしょうか?

 

f:id:HaganeTokuchi:20191216140255p:plain

宗教家とか信心深い人は霊的に程度が高いという考えが人間を長いこと迷わせてきたようです。実際は必ずしもそうではないのです。

ある宗教の熱烈な信者になったからといって霊的に向上するわけではありません。大切なのは日常生活です。あなたの現在の人間性、それが全てのカギです。

祭壇の前にひれ伏し神への忠誠を誓い、選ばれし者の一人になったと信じている人よりも唯物主義者や無神論者、合理主義者といった宗教とは無縁の人の方がはるかに霊格が高いといったケースがいくらでもあります。

問題は何を信じるかではなく、これまでどんなことをして生きてきたかなのです。  

f:id:HaganeTokuchi:20180508084356p:plain

 
キリストへの信仰をどう思われますか?

 

f:id:HaganeTokuchi:20191216140255p:plain

主よ、主よと、何かというと主を口にすることが信仰ではありません。大切なのは主の心に叶った行いです。それが全てです。口にする言葉や、心に信じることではありません。実際の行為です。

何一つ信仰というものを持たなくても、落ち込んでいる人の心を元気づけ、飢えてる人にパンを与え、暗闇にいる人の心に光を灯してあげる行為をすれば、その人こそ神の心に叶った人なのです。  

f:id:HaganeTokuchi:20180508083339p:plain

 Afterword

私は、この「古代霊は語る」を読んで、人生最大の謎が解けたことに心から感謝しました。“人は何のためにこの世に生まれ、生きているのか。”  これこそが最大の謎でした。この世で生きる理由・生まれる理由というものは、魂そして人間としての成長・進化を目的としているという真実が書かれており、何度も何度も読み返したものでした。

人は、あの世で経験できないことを、この世で経験して人間としての成長を目的としているという。他には、過去や前世での罪の償いを通して成長を目的にしているなど人により様々な目的があるようです。

そして、あの世という霊界が私たちの本当の住家であって、死後はその世界へと本当に旅立つという。私自身もそのことはいろいろな体験を通して信じていましたが、この本を読んでみて心から確信することができました。

この本で著者の近藤千雄氏は、こう語っております。
「この長い人生の旅路の地上生活は、宇宙学校のほんの幼稚園、いや...保育園程度のものなのかもしれません」

肉体が滅び、死後もまた成長するために人生が続くとは、とても気の長くなるお話でございます。沢山の徳を積み、早めに霊的成長を果たし、死後に素敵な人生を過ごせるように生きたほうが得策かもしれないですね。

次回は「古代霊は語る」の中から、この世の苦しみと悲しみの真実をシルバー・バーチに教えていただきましょう。愛するペットと死別したらペットはどうなるのか、ということも書いておりますのでご興味ある方も多いのではないでしょうか。それでは、最後までありがとうございました。