真実への翼

生きる理由。この世の真実。神仏は実在するという真実を1人でも多く知っていただき、この地獄のような世界から天国への切符を手にしていただきたいと思います。自身の経験と霊的書物で知った真実を分かりやすく説明したいと思っています。宜しくお願いいたします。  E-mail→ hagane.tokuchi@gmail.com

【驚異の奇跡・不思議画像】 不死鳥・龍神・聖観音菩薩・不動明王 降臨

神仏・霊界・霊獣は実在する。霊界からの啓示画像ダイジェスト

読者の皆様、お久しぶりです。今年2月に本業の転職をいたしまして、いろいろと忙しくて更新できないでおります。誠に申し訳ございません。

今回、手抜き記事になってしまいますが、今まで当ブログに載せた不可思議な画像のダイジェスト版を作成させていただきました。もちろん最後には、Bonus Pictureとして当ブログに載せたことがない画像もご用意いたしました。

より多くの人に不可思議な画像を見ていただき、この世とは別の世界「霊界」というものが実在するという真実を伝えたいという気持ちも兼ねております。

私たちの目には見えない世界「霊界」 その世界とこの世は、コインの裏表のように密接に関わり合っているという。死後、私たちはその「霊界」にて生きていかなければならない。これから載せる画像を見ていただき、少しでもそのことを信じていただければと思います。

南無大日大聖不動明王

  

大いなる慈悲の仏【聖観音菩薩】降臨

f:id:HaganeTokuchi:20200505172725j:plain

護摩の炎に現る、聖観音菩薩

2017年10月13日、札幌市中央区・歓楽街ススキノにある「成田山札幌別院新栄寺」 

この新栄寺では毎朝、本尊の不動明王に護摩祈祷をするのですが、その最中の護摩の炎が聖観音菩薩になっております。聖観音菩薩が横を向いている感じです。護摩祈祷の際は、いろいろなお経を唱えるのですが、観音経も唱えるので降臨されたのでありましょう。

聖観音菩薩が横を向いているのは、横でなければ聖観音菩薩だと分からないためなのでしょう。ただの偶然とは思えない画像です。下記にアップ画像と薬師寺の聖観音菩薩を比べた画像をご用意いたしました。

f:id:HaganeTokuchi:20200505182021j:plain

f:id:HaganeTokuchi:20200505182048j:plain

 

護摩の炎に幻の霊獣【龍神】降臨 

f:id:HaganeTokuchi:20200505182448j:plain

護摩の炎に現る伝説の霊獣 龍神

先ほどの聖観音菩薩の撮影時と同じ2017年10月13日 、「成田山札幌別院新栄寺」での画像です。

護摩祈祷の際に数枚の写真を撮って自宅で確認したところ、護摩の炎が聖観音菩薩とこの龍神になっているのを発見しました。アップで確認していただきましょう。

f:id:HaganeTokuchi:20200505184309j:plain

偶然とは思えなく、龍神にしか見えない画像です。通常、護摩の炎とは下記のような画像になります。ここまで、炎が変化するのは神仏のチカラ以外考えられないでしょう。

この「成田山札幌別院新栄寺」は、とても不思議な場所で天界と通じているともいえる場所であります。わたしは少しばかり幼少期から霊感がありまして、この寺院に来ると不可思議なことが起きたり、天からの声が聞こえたりすことが多々あります。実際にこの寺院にて龍神が見えたこともございます。信じる人だけ信じていただければと思います笑

f:id:HaganeTokuchi:20200505185710j:plain

 

札幌市の滝に生息する【龍神の御霊】

f:id:HaganeTokuchi:20200505191231j:plain

この画像は札幌市西区平和にある「明王寺」に飾ってある写真です。先代の明王寺住職、佐藤明岳住職は神仏や不動明王と会話ができた偉人だったという。

住職が札幌市西区にある「平和の滝」に水行に行った際に、『次回、来るときはカメラを持ってこい』と龍神に言われ、撮影したのがこの写真であると。中心にある白い楕円、画像では分かりにくいがうっすらと透けているのですが、この白い楕円こそが龍神の御霊なのであります。

 

f:id:HaganeTokuchi:20200511101451j:plain

佐藤明岳住職が市民のために作った八十八ヶ所霊場

佐藤明岳住職は、本当に人々を幸せにしたい。苦しむ人々を救いたいと、心から願い生きていたという。どんな修行をするよりも、そのような清く美しい心があれば神仏と繋がることができ、人は神仏との会話も可能になるのだと私は思います。

今もなお、佐藤明岳住職は美しい平和の山の上から市民の幸せを願い、市民を見守り続け生きておられることでありましょう。

南無大日大聖不動明王

 

神々の住む聖地に【不死鳥】現る  

f:id:HaganeTokuchi:20200506125001j:plain

神威岬に大きな姿で現れた不死鳥

わたしのブログのトップ画像にも使用しているこの画像。2016年9月19日、午前9時11分、北海道の北西にある神威(カムイ)岬で撮影したものです。神威岬とは名前の通り、神々がいる岬という意味です。下の画像は、分かりやすく加工させていただいたものです。

f:id:HaganeTokuchi:20200506130945j:plain

後に判明したのですが、この不死鳥は当時、毎日のように手を合わせ水をあげていた愛染明王からのものでした。 詳しいことは、わたしの下記の記事にて確認していただければと思います。

 

f:id:HaganeTokuchi:20200506133047j:plain

この画像は不死鳥になる20分程前の空の画像です。雲が不規則に流されているのが確認できます。

f:id:HaganeTokuchi:20200506132422j:plain

これは縦に撮ってみた画像ですが、あまりにも大きすぎて縦でも収まりきらないのです。そしてよく見ると、目もあるように見えます。正に、この世は「霊界」という世界と繋がっているとしか言えません。

 

空から降り注がれる【七色の光】 

f:id:HaganeTokuchi:20200506145648j:plain

これも不死鳥の降臨の際の2019年9月19日、神威岬での画像です。不死鳥を見たあとの帰路で撮影したものです。たまたま太陽とカメラの位置で撮れたのかもしれませんが神々しいので載せておきます。

f:id:HaganeTokuchi:20200506145221j:plain

上記画像では微かにしか確認できなかったがカラーカーブなどで編集してみたところ、七色の光が降り注がれているのが、はっきりと確認できました。 ちなみに流されている雲は、先ほどの不死鳥の雲です。

f:id:HaganeTokuchi:20200506133405j:plain

神秘的な神威岬の門

f:id:HaganeTokuchi:20200506133556j:plain

これが神々の住む聖地・神威岬

 

横浜の空に飛び立つ【数匹の龍】

f:id:HaganeTokuchi:20200510204752j:plain

成田山横浜別院の空に現れた龍

この写真は不動明王と真言宗をとても熱心に信仰しておられるS氏に頂いたものです。S氏が「成田山横浜別院」に行った際に僧侶様から頂いたとのことです。 

2012年10月7日、成田山横浜別院の大改築工事で、ご本尊の不動明王を本堂から仮本堂に移動させた際に、本堂から龍が現れたという。その時に撮ったのがこの写真。

なんとも素晴らしく不可思議な写真で、龍が数匹いるのがはっきりと確認できます。黒っぽい点が何個か見えるが龍の眼です。

しかし私の中では、左の大きいのは不動明王の背後の炎とも言われる迦楼羅(カルラ)にも見えるが、なんとも言えない感じです。下の画像は興福寺の迦楼羅天像と比べたものです。クチバシにも見える濃い雲がなければ確実に龍にも見えますが。

f:id:HaganeTokuchi:20200510212631j:plain


カラーよりもモノクロにしてみたほうが分かりやすかったので載せておきます。 しかし、正に龍は実在するとしか言いようがない素晴らしい写真です。南無大日大聖不動明王

f:id:HaganeTokuchi:20200510213715j:plain

f:id:HaganeTokuchi:20200510213726j:plain

 

不動明王は実在する【不動明王の奇跡】 

f:id:HaganeTokuchi:20200510214412j:plain

この画像は2018年6月28日(不動明王縁日)成田山札幌別院新栄寺での記念大祭特別大護摩供の画像です。大本山成田山新勝寺の橋本照稔貫首(かんす)大導師様が護摩を焚き、新栄寺の谷照幸主管様が護摩の炎に不動明王護摩札を当てている場面です。

ちなみにこの写真も、わたしの真言宗の先生とも言えるS氏が撮って頂いたものなのですが、なんともありえないことが起きているのです。この画像では遠くて分かりずらいので、下のアップした画像で確認していただければと思います。

 

f:id:HaganeTokuchi:20200510222022j:plain

これは、ことが起きた少し前の画像。不動明王護摩札を護摩の炎に当てて、御分霊している場面です。護摩札がちゃんと確認できるかと思います。

 

f:id:HaganeTokuchi:20200510222029j:plain

この画像が最初の画像をアップしたものです。なんと、谷照幸主管様の持っている護摩札が炎に包まれているのです。こんな炎に包まれた護摩札を持っていたら大やけどで大惨事で大失態でありましょう。

これは写真には炎が写っているが、実際には普通の護摩札を持っている場面。そう、この炎は正に不動明王の御分霊そのもの。炎として不動明王が写真に写っているのです。

大本山成田山のトップ、橋本貫首大導師様と谷照幸主管様のご共演。そして、熱心に不動明王を信仰されているS氏が写真を撮ったからこそ、この奇跡の写真が撮れたのでありましょう。

不動明王は実在いたします。この写真が全てを物語っているのです。現世利益、商売繁昌、そして困っている者、どん底や地獄の底にいる者も必ず救い上げてくれる不動明王。我が国、日本国民は今こそまた、不動明王を心から信仰する時代ではないでしょうか。
南無大日大聖不動明王

最後に 【管理者から】 

今回、わたしのブログを見ていただき霊界、神仏の実在を信じていただいた方が1人でも2人でもいていただいたならば幸いでございます。

この世が霊界という世界と密接に関わっているように、私たちの身体も自分自身の霊と密接に関わり合っております。そのため、霊的に良くない生き方、悪業、私利私欲の人生を歩んでいると病気や怪我に襲われることとなります。

逆に人間は霊的に良い生き方、人のためや世間のために生きていると病気にはなりにくく、自分自身で病気や怪我を治すことも可能になります。それは自分だけではなく、他人をも治すことも可能になります。

病気や怪我をした時に使う言葉、「手当て」という言葉をご存知だと思います。それは遠い昔、手を当てて病気や怪我を治していたことからの言葉でございます。昔はそういう人たちが沢山いたといいます。

キリストやアニメの世界ではなく、私たちに可能なことなのであります。他人に、世間に良い生き方をしている場合に限り可能となり得るのです。

もちろん、良い生き方をしていると人生も全てうまくいくようになっているのです。それが、この世のシステムであり、「釈迦の悟り」でもあります。

ちなみに、わたしのような小童(こわっぱ)がほざいたところで説得力がないかもしれないが...笑 今回、搭載した画像を見ていただき、少しでもそのことを信じて生きていただければと思います。

f:id:HaganeTokuchi:20200512093044j:plain

神仏、そして霊界は実在する。

死後、私たちは霊界に戻り
霊界にて生活をしなければならない。

天国か地獄か
もしくは、この地で
浮遊霊として生きてゆくかは


全ては自分次第なのであります。  

厄年、必見!【厄払い・厄除けのおすすめ】札幌|高野山真言宗成田山真如院

節分には【節分厄払い法要】で、実りある一年に

f:id:HaganeTokuchi:20200117125737j:plain雪が溶け、草木は芽を出し、眠る動物たちが起きだす春。私たちの新たなる日々が始まる季節でもあります。この春というスタートの季節の前に「鬼は外、福は内」という行事が日本にはあります。節分です。

厄や災難を祓い、春からの一年間を無事に過ごせることを祈る行事でもある節分。その節分に、寺院では「節分厄払い法要」という行事があります。

厄年の方のための「節分厄払い法要」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、厄年以外の人も厄や災難を祓い、一年のご加護を神仏に祈る行事として、毎年ご参加されている方も数多くいらっしゃいます。

今回は、この「節分厄払い法要」の宣伝も兼ねて、わたくし誓鋼がお世話となる寺院『高野山真言宗成田山真如院の節分厄払い法要』をご紹介させていただきます。

しかしながら、ただ宣伝をしたいだけでは簡単には動かぬ、この誓鋼。ここの「節分厄払い法要」は、とにかくスゴい!の一言に尽きるのです。

わたし自身も初めて、この寺院の門をくぐったのは厄年の時で、この法要に出るためでありました。この法要の映像を初めて見た時に「厄払いをするなら、ここしかない!」という思いで向かったのであります。

とりあえず、ここの法要のすごさを伝えるため、私が作成した映像を観ていただくのが一番だと思います。一年のご加護、厄払いは『高野山真言宗成田山真如院』で!

他の寺院の法要も実に素晴らしいのですがここは、私がお世話になる寺院ということでご了承くださいませ。

 

【節分厄払い法要】画像にて解説 

f:id:HaganeTokuchi:20200117130434j:plain

高野山真言宗成田山真如院 高山 誓英 住職

私の師匠でもある高山誓英住職の経歴は本当にすごいのです。住職は「不動護摩行六十座行成満」「虚空蔵求聞持行五十日成満」という、とても厳しい大修行を成し遂げたという経歴を持っているのです。

また、本院がある羽幌町では、羽幌町議会議員、羽幌青年会議所理事長、羽幌町農業委員、そして羽幌高校臨時講師という肩書きも持っておられました。

羽幌町では、正に英雄という言葉がピッタリの住職であります。札幌の分院に行くことになった時には、町の人々が本当に悲しみ、途方に暮れていたという。

また、北海道に2人しかいないという、スピリチュアル・ケア・ワーカーという資格もお持ちである。資格の内容は今度にいたしましょう。

f:id:HaganeTokuchi:20200117135442j:plain「節分厄払い法要」は不動明王護摩祈祷にて行われる。住職が持っておられるのは護摩木といい、参加者の願い事、祈願を書いたものです。この護摩木を炎に投げ入れ、不動明王に祈願成就を祈ります。

f:id:HaganeTokuchi:20200117140605j:plain

 

f:id:HaganeTokuchi:20200117142255j:plain分かりづらいかもしれませんが、豆が入った枡と木札を護摩の炎に当てています。不動明王の分霊を入魂するために行われます。

f:id:HaganeTokuchi:20200117141949j:plainそして気合を入れて、木札に不動明王の分霊を入魂。 これで、不動明王に守られて平和な日々を過ごすことができます。それにしてもこの場面、かっこいいです。

f:id:HaganeTokuchi:20200117143757j:plain正に参加者の厄を祓っているところです。この場面を見て、私は厄払い法要に行くことを決めました。

錫杖にて背中を叩いたり、九字を刻み込んでくれるのですが、これが本当に効くのです。背中がずっと温かくて、何かに守られているような感じが続きました。

この厄払い、参加者全員一人ひとりやっていただくのですが、厄払いのやり方は僧侶によって異なりますのでご了承ください。

f:id:HaganeTokuchi:20200117145457j:plain私のブログではお馴染み。高野山真言宗成田山真如院の本尊「不動明王」です。この法要に参加して、不動明王のご加護を受ければ絶対に安心です。厄災も退散してしまいます。 

f:id:HaganeTokuchi:20200117150031j:plainこの「節分厄払い法要」の締めは、みんなで豆まきです。「鬼は外!福は内!」豆やお菓子が取り放題です。子供も大満足です。

 

【節分厄払い法要】日程 

 

高野山真言宗成田山真如院

【 札幌分院 】

令和2年2月11日(祝)

1回目 11:00
2回目 14:30

札幌市清田区平岡2条1丁目4‐20
予約・電話  011‐886‐3773


【 羽幌町本院 】

令和2年2月5日(水)

12:00


北海道苫前郡羽幌町南6条1丁目
予約・電話  0164‐62‐2379

 

【節分厄払い法要】厄払い料金 

f:id:HaganeTokuchi:20200117152437j:plain

節分厄払い料金と不動明王分霊の木札は、セット料金になっております。木札を購入すれば厄払いをしてもらえるということです。

正直、多数の方、ほとんどの方が3千円の木札です。金額のことは気になさらずに、気軽に来ていただければと思います。

何よりも厄払いをして、不動明王に一年をご加護していただくということが一番大事です。不動明王の素晴らしさを実感していただきたい、と思う次第でございます。

ちなみに、3千円以上の木札、金札の購入で豆まき用の豆も付いてきます。枡も付いてくるはずですが、その件は近々確認いたします。

  

【節分厄払い法要】ご来場について

f:id:HaganeTokuchi:20200117151139j:plain上記画像は羽幌町の本院です。この「節分厄払い法要」には羽幌町でも1日に数百人の人が参加して毎年、満員状態です。もちろん札幌分院でも、数百人の参加者が毎年訪れます。

札幌では厄払い法要を午前と午後の2回に分けられているものの、座る場所はぎりぎり状態でございます。お時間に余裕をもってご来場していただければと思います。

札幌分院駐車場は30台ほど駐車可能で、すぐ隣の厚別神社(あしりべつじんじゃ)の広い駐車場にも当日は駐車できますのでご安心してください。

最後に【真如院・節分厄払い法要】

この「節分厄払い法要」厄年の方はもちろんでありますが、厄年でなくても気軽にご参加していただければと思います。

病気で悩み苦しんでいる方、不幸続きで苦しんでいる方も是非来ていただき「祈るところ、必ず霊験あり」と言われる不動明王に病気や厄災を祓っていただければと思います。

数年前、私は不動明王を本尊とする、違う寺院の節分厄払い法要に出向いたことがあります。そこで隣に座った,、おばちゃんが言っていたことを思い出します。

私の娘はね、とにかく交通事故をよく起こしていたんだよ。自分が悪いときもあれば、相手からぶつけられることもしょっちゅうでね。一年に何回もだよ。

でもね、ここで頂いた不動明王の札を車に乗せたら一切事故に遭わなくなったんだよ。そして毎日、車を使うんだけど一年に一日だけ使わない日があるんだわ。

この法要の日だけは、札を取り替えないといけないからね。車に乗ることはできないの。不動明王はすごいわ!

「大難は小難に、小難は無難に」・「祈るところ、必ず霊験あり」の不動明王のご加護のもと、幸せな一年にしていただければと思います。

 

醜いお姿の仏、不動明王...

それは古代インドの奴隷の姿である。


苦しむ者と同じ姿になり

いつも共にいることを表し

苦しみから必ず救うをことを

意味している。


心から信じる者、祈る者には

従者と共に憤怒の仏、不動明王が

あなたのもとへと必ずや

舞い降りてくるでありましょう。

f:id:HaganeTokuchi:20200118100041j:plain